2013年7月で先願主義への移行が施行されてから約4ヵ月が経過したが、意匠特許(Design Patent)については先願主義で審査されたものが登録され始めた。

施行日(2013年3月16日)以降の出願で登録公報が発行された意匠特許は、2013年8月下旬時点で既に20件を超えており、米国特許商標庁(USPTO)提供のデータベース”Public PAIR”によれば、その多くが先願主義の下で審査されている。なお、施行日以降の出願日ですでに登録された米国実用特許(Utility Patent)も存在するが、ほとんどが継続出願等であり先願主義の下で審査されたものはまだない模様である。

 

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。