2013年8月30日、第三次改正中国商標法が全国人民代表常務委員会を通過した。
 施行日は2014年5月1日。今回の改正の主な目的は、より低コストでスピーティーな商標権の付与、第三者による抜け駆け登録の防止などであり、改正内容は以下の主な項目のほか、多岐に亘るものとなっている。

 ・音響商標の導入
 ・一商標多区分制の導入
 ・拒絶理由通知の導入
 ・審査期間についての期限に関する規定の増設
 ・馳名商標認定機関の明確化

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。