2013年9月9日、韓国特許庁(KIPO)は、より良い特許審査サービス、知的財産の保護と活用をめざし組織再編を行った。

KIPOは、この組織再編により、近年の先端技術の傾向である融合技術の特許出願について質の高い審査サービスを構築し、知的財産権保護体制の向上、さらには知的財産情報へのアクセスをより容易にすることが可能になるとしている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。