米国特許商標庁(USPTO)は、ファイナルオフィスアクションへの応答に対する審査官の考慮を促進するためのプログラム”After Final Consideration Pilot 2.0 (AFCP 2.0)”及び特許料納付後にIDSを提出した場合でも審査官の考慮を受けられるプログラム”Quick Path Information Disclosure Statement (QPIDS)”の試行期間を2013年12月14日まで延長した。
※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。