2013年8月22日、米国政府監査院(GAO)は、米国特許法改正(AIA)で実施が定められていた特許訴訟に関する調査報告書を発表した。

同報告書によれば、実際に製品を製造する企業ではない特許収益化事業体(PME; Patent Monetization Entities)及びこれらの事業体と見られる事業体が原告である事件は、2007年から2011年の間で全体の約20%とされている。なお、統計期間、定義等は異なるが、2013年6月に大統領府が発表した報告書では特許権主張事業体(PAE; Patent Assertion Entities)による特許訴訟は、過去2年間で62%に達したと報告されている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。