2013年10月23日、米国特許商標庁(USPTO)は、特許法条約施行のための最終規則を公表した。

本最終規則は、2012年12月18日に成立した特許法条約実施法を受けて特許法施行規則(37CFR)を改正するもので、「本出願におけるクレーム未提出での出願日確保」、「優先権の回復」、「特許料未払いにより失効した特許の回復」などの特許法条約施行に関連する規定に加えて、特許期間調整(Patent term adjustment)に関する規定も改正される。施行日は2013年12月18日。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。