欧州特許庁(EPO)は、補充欧州調査報告(Supplementary European search report)に関する規則164及び135(2)の改正が決定したことをウェブサイトにて公表した。

現行規則では、EPOが国際調査機関ではなかった場合に発明の単一性が満たされていないと、追加調査料を支払う機会が出願人に与えられることなく、補充欧州調査報告はクレームで最初に記載されている発明に対してのみ作成されていた。改正により、今後は追加調査料を支払う機会が与えられることになる。施行日は2014年11月1日。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。