High Point Design LLC, et al. v. Buyer’s Direct, Inc. (Fed. Cir.)

2013年9月11日、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、意匠の登録要件である「非自明性」(103条)と、「機能性」(171条)が争点となった裁判の判決を下した。

CAFCはこれまでの判決例に照らして、非自明性の判断においては『その意匠の分野の通常のデザイナ-(ordinary designer)』の観点から分析を行うことが必要とされるとし、他の事項も含めて地裁による非自明性の判断は誤りであるとした。

また、機能性の要件についても、『意匠が「主として装飾的」であるよりも「主として機能的」である場合』には無効となるとの判例(Rosco, Inc. v. Mirror Lite Co.)を引用し、地裁の判断は誤りであるとした。

より詳細な記事は弊所お客様専用サイトをご覧ください。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。