2013年10月23日、ニュージーランド政府は、ニュージーランド特許庁(IPONZ)及びオーストラリア特許庁(IP Australia)における単一の特許出願及び審査プロセスを実現する“Single trans-Tasman(単一トランスタスマン)特許”の実施を承認した。

今回の承認により、両国で重複する出願コストの軽減などの効果が期待される。ニュージーランドでは、2013年9月13日に改正特許法が国王の裁可を受けるなど、特許制度改革の動きが相次いでいる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。