2013年9月13日、日米欧中韓の5ヵ国・地域の特許庁による五大特許庁長官会合が開催され、5庁相互間のPPHを開始することが合意された(IP5 PPHパイロットプログラム)。

これにより、あらたに欧中、欧韓でもPPHが開始されることになる。また、2014年1月から、17カ国・地域(日本、米国、韓国、英国、デンマーク、フィンランド、ロシア、カナダ、スペイン、ノルウェー、ポルトガル、オーストラリアなど)との間で利用できるPPHの種類を共通化した多国間の枠組み「グローバル特許審査ハイウェイ」が開始される。この枠組みに参加した庁の間では、全てのPPHが利用可能となり、国ごとに利用可能なPPHを区別する必要がなくなる。今回の合意により、日本の出願人は、新たにオーストラリアに対し全てのPPHが利用可能となるほか、カナダ、イギリス、韓国、ノルウェーにおいて利用できるPPHの種類が拡大する。

***追記(2015年8月3日)***
[参考情報]
五大特許庁による特許審査ハイウェイの取組の合意について(特許庁ウェブサイト)
グローバル特許審査ハイウェイ、IP5特許審査ハイウェイについて(特許庁ウェブサイト「特許審査ハイウェイFAQ」)
Global Patent Prosecution Highway simplifies existing network(PPH Portal Site[英語])

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。