Australia High Court, Apotex Pty Ltd v Sanofi-Aventis Australia Pty Ltd [2013] HCA 50 (4 December 2013)

オーストラリア最高裁判所は、人体の治療方法が特許保護適格性を満たすとの判決を下した。本件では、医薬品の使用を含む医学的治療方法が、特許法18条(1)(a)に規定される“manner of manufacture”になりえるのかが争点となっていた。なお、本件では、他の疾患の治療用であることを示すと共に医薬品を供給する場合に侵害となるかについても争点となっていたが、最高裁は侵害を構成する所定の要件を満たしていないと判示し、侵害を認めなかった。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。