2013年11月18日、EU議長国(リトアニア)は、欧州単一効特許及び統一特許裁判所の準備状況に関する報告書を公表した。

報告書によると、財政・予算面の議論は2014年初めに開始される予定とされている。なお、2013年12月初めにパリで開催された知的財産権サミットにおいて、欧州特許庁長官は料金の設定は2014年中に行うが、それ以上の詳細は明らかにできないと発言している。統一特許裁判所については、欧州委員会等での審議が続いており、2013年12月6日には、裁判所の管轄権等に関する欧州規則“ブリュッセルⅠ規則”のアップデートに関するプレスリリースが公表されている。また、上述の準備状況に関する報告書によれば、2015年の早い時期に裁判所の運用を開始するべく準備が進められている模様である。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。