Alice Corporation Pty. Ltd. v. CLS Bank International, et al. (U.S. Supreme Court・No.13-298)WildTangent, Inc., v. Ultramercial, LLC, et al. (U.S. Supreme Court・No.13-255)

2013年12月6日、米国連邦最高裁判所は、CLS Bank事件(Alice Corporation v. CLS Bank International)における上告の受理を決定した。本件では、対象特許の保護適格性(米国特許法101条)が争点となっており、2013年5月10日にあった米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)の大合議(en banc)による判決では、債務交換処理に関する方法、媒体(記録媒体)、システムに係るAlice社の特許発明について保護適格性を認めない旨の判断が示されていた。なお、同様に保護適格性が争点となっているUltramercial事件(WildTangent v. Ultramercial)についても最高裁へ上告の申立がなされているが、2013年12月6日時点において最高裁は上告受理を決定していない模様である。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。