米国特許商標庁(USPTO)は、国際意匠登録に関するハーグ協定及び特許法条約の実施法であるPatent Law Treaties Implementation Act of 2012(PLTIA)のタイトル1を施行する為、施行規則改正案を発表した。

規則案には、国際意匠出願の方式要件等が盛り込まれており、実施法に関する言及では、国際及び国内意匠出願の意匠特許の存続期間を付与日から15年とすることがあらためて説明されている。なお、2014年1月28日まで本規則改正案に関する意見募集が行われる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。