2013年12月9日、世界知的所有権機関(WIPO)は、毎年公表している知的財産権に関する報告書“World Intellectual Property Indicators”の2013年版を発表した。

同報告書によれば、2012 年の全世界における出願は、前年比で特許9.2%増、商標(区分数)6.0%増、意匠(意匠数)17%増であった。これらの増加は、中国に牽引されているところが大きく、2012年の全世界における特許出願の増加率は過去18年で最も大きいものとなっている。なお、WIPOのウェブサイトでは、報告書とあわせて、プレスコンファレンスの様子等が動画配信されている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。