2014年3月28日、米国特許商標庁(USPTO)は特許審査便覧(MPEP; Manual of Patent Examining Procedure)の改訂第9版(Edition 9)を同庁のウェブサイトにて公表した。

USPTOは2013年11月にブログ「Director′s Forum」にて、改訂プロセス等の変更とあわせて、3回に分けてMPEPの改訂を実施する予定であることを表明している。今回の改訂はその第1弾で、AIA(2011年改正法)による法律、規則、実務の変更を反映したとされており、内容に応じて、Pre-AIA(AIA前)の出願に適用される規定であることが明記されている。

今後は、すでに改正法案が成立し規則改正も順次施行されている特許法条約(PLT)とハーグ協定加盟に伴うMPEPの改訂が予定されている。

【関連記事】
知財トピックス(米国情報)[特許/米国]米国特許法101条を巡る状況(2017年8月~2018年1月) ~USPTOは特許審査便覧(MPEP)を改訂、JPOは調査研究報告書を公表~ 2018-02-05

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。