2013 年に中国の工商行政管理機関が受理した悪意による商標先駆け登録の事件数が、前年比で127.4%増の1,826件に達したとするデータが国家工商総局から公表された。

なお、公表データでは、先駆け登録されたもののうち、他人の一定の知名度を有する商標を、関連商品又は役務において先駆け登録する場合は40%を占めたとされている。

また、2014年2月24日、国家工商総局ウェブサイトにおいて商標評審委員会が掲げる今年度の重点業務が公表された。それによれば、商標評審委員会は、悪意の先駆け登録を対策強化の対象としてあげており、「ブラックリスト」による抑制メカニズムの導入を検討するとしている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。