中国国家知識産権局(SIPO)は、2012年4月26日に「中国特許検索システム」を新たに開通した。

データベースには、従来同様に特許、実用新案及び意匠の公開後の案件が含まれるが、新たな機能が多く追加されたので、その中のいくつかを簡単に紹介する。

1. 経過情報について

例えば審査請求された案件について、従来は拒絶理由の発送有無に係らず「審査請求あり」と表示されるだけだったが、「拒絶理由通知を発送し回答待ち」と詳細に表示されるようになった。

2. 庁発送書類について

庁発送書類について、全書類の基本情報(書類名及び発送日等)を確認することができ、また2010年2月10日以降の中国国内出願/中国国内移行案件であれば、その書類の中身を閲覧又はダウンロードすることもできる。

今後更に、期限管理に利用可能なアラームサービスを提供する予定であるという。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。