PCT 国際出願を利用したリトアニアでの特許取得において、2014年9月4日より国内指定が終了する。

なお、リトアニアは欧州特許条約(EPC)の締約国であるため、今後、国際出願によりリトアニアでの特許を求める場合には、欧州特許庁に対する広域段階に移行するルートのみに依ることになる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。