Limelight Networks, Inc v. Akamai Technologies, Inc.(Supreme Court 2014) No.12-786

日本でも間接侵害の成立につき、いわゆる独立説と従属説とで争いがあるが、本件では、米国での誘導侵害(induced infringement)の成立につき、直接侵害が要件になるか否かについて争われた。

米国連邦最高裁判所は、2014年6月2日、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)大法廷(en banc)判決を破棄・差し戻すとともに、米国特許法271条(a)項による直接侵害を構成しない限り、被告Limelight は同法271条(b)項の誘導侵害の責めを負わないと判示した。

差戻審におけるCAFCの判断も注目されるところであるが、今後の明細書作成等の実務においては、請求項の構成要件の実施が単一の主体により行われるか、それとも複数の主体により行われるかについて、更なる注意をすべきと思われる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。