欧州特許庁(EPO)は、係属中の出願の法的安定性を向上させる枠組「Early Certainty from Search」を2014年7月から開始した。

この枠組では、以下の項目が実施され、特許取得戦略の基盤を出願人や発明者などに早期に提供したり、公衆に対する係属中の出願の透明性を高めたりすることを目的とする。

  • 「出願日から6か月以内での調査報告及び見解書の発行」
  • 「着手した出願の審査の完了の優先」
  • 「肯定的な見解書が発行された出願の迅速処理」
  • 「第三者が明記された情報提供があった出願の審査の優先」

この枠組により全体としては審査が早く進むようになるかもしれず、もしそうなれば、出願人にとっては有益であろう。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。