知財訴訟に関するリサーチ会社であるLex Machina社から公表された統計データによれば、2014年4月以降、米国内での特許訴訟の提起件数が減少傾向を示している。例えば、2014年9月の特許訴訟の提起件数は329 件であり、去年同月の548件に比べると4割減となっている。

減少傾向の原因としては、特許保護適格性について出された6 月のAlice Corp. v. CLS Bank International 判決が大きな理由であろうとの意見が多い。更に、特許法改正(AIA)により導入された当事者系レビュー(Inter Partes Review)等の手続により、米国特許商標庁の審判部(PTAB)において特許無効の判断が相次いでいることに加え、記載要件に関するNautilus, Inc. v. Biosig Instruments, Inc. 最高裁判決や、訴訟費用に関するOctane Fitness v. Icon Health and Fitness 最高裁判決等が複合的に影響を及ぼしているとの見方もある。

【出典】
Lex Machina社「(Blog) September 2014 New Patent Case Filings Down 40% From September 2013

【関連記事】
季刊創英ヴォイス vol. 71 知財情報戦略室「データから見る米国特許訴訟の現状」 2014-08-01
知財トピックス(米国情報)[特許] 米国特許訴訟の提起件数、2015年は対前年比増 2016-03-09

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。