2014年12月1日、日米欧中韓の五大特許庁は、各庁の統計情報をまとめた報告書の最新版(2013 年版)である「IP5 Statistics Report 2013 Edition」を公式サイトで公表した。

同報告書では、出願件数、審査期間を始めとして、パテントファミリー、PCT関連、特許維持期間、異議申立(欧州)・無効審判(中国)の平均審理期間、職員数など、五大特許庁の現状を知るために有用な統計が紹介されている。

http://www.fiveipoffices.org/statistics/statisticsreports.html

 

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。