2014 年11 月24日より、欧州共同体商標制度(CTM)においてFast Track(早期審査制度)が施行された。CTMではそもそも、方式審査のみ行う一方で先後願に関する実体審査を行わない「無審査主義」を採用しており、先後願の調整は異議申立制度(公報掲載後3ヶ月以内に提起可能)に委ねられている。今回施行されたFast Track は、公告公報掲載を前倒しすることで、登録の可否について早期に確認できるように設計されている。具体的には、Fast Trackによると、3~4 週間で公告公報掲載が行われることになり、従来と比較して半分以下の期間となるため、出願から4ヶ月程度で異議申立ての有無を知ることができるようになる。早期審査の制度を利用するための主な要件として、下記のようなものがある。

・指定商品・役務の記載は、OHIMが提供するデータベースから選択する必要がある。
・出願費用の後払いは許されない。
・商標は「文字」、「図形」、「立体商標」、「音響商標」に限られ、方式要件が複雑な商標(例:「動く商標」)は対象外。
・優先権やシニオリティを主張する場合、出願時に基礎出願の情報が確認できなければならない。

 CTMを管轄する欧州共同体意匠商標庁(OHIM)からの続報によると、施行後1 週間でFast Track を利用した出願は21.5%にも上ったとのことである。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。