国家知識産権網が2015年1月7日付けで報じた中国国家知識産権局統計によると、2014年に専利行政部門が扱った事案は24,479 件に達し、前年比50.9%の増加となった。

内訳は、専利権(特許、実用新案、意匠を含む)の紛争事案が62.6%増の8,220件、詐欺専利事案が45.5%増の16,259件となっている。専利権紛争事案については、特許関連が1,239件、実用新案関連が3,603件、意匠関連が3,378件となっている。また、外国関連の専利権侵害紛争事案は521件となっており、43.9%の大幅増となった。

地域ごとの分布は、江蘇省が3,681件、浙江省が3,505件、湖南省が2,815件、広東省が2,555件、山東省が2,542件、河南省が1,078件となっている。専利権紛争事案の件数は、半数以上の管轄区で100件を超えているが、中でも、浙江省、広東省、江蘇省、山東省、河南省は200件を超えている。これらの省では行政ルートの活用も少なくないことがわかる。

なお、中国では、専利権侵害に関する紛争解決には、人民法院(裁判所)による司法ルートと、地方知識産権局による行政ルートの2つがあり、司法ルートでの専利権侵害訴訟件数は2012年が9,680件となっている。

【関連記事】
知財トピックス(東アジア情報)[全般/中国] 知的財産権関係の民事案件第一審の件数は増加も、外国関係の結審は減少 ~中国法院知識産権司法保護状況(2015)~ 2016-08-05
知財トピックス(東アジア情報)[全般/中国]専利(特許・実用新案・意匠)及び商標に関する訴訟件数は増加が続く ~中国法院知識産権司法保護状況(2016)~ 2017-09-06
知財トピックス(東アジア情報)[全般/中国]現地の報告書から見る中国における知的財産紛争 ~知的財産紛争は約半数が取下げにより終了、行政ルートの専利権紛争事案は顕著な増加傾向~ 2017-10-05

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。