1999年(平成11年)にスタートした特許電子図書館(IPDL)が、2015年(平成27年)3月20日22時でサービスを終了した。既報の通り、3月23日からは「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」がスタートしている。工業所有権情報・研修館のウェブサイトでは、J-PlatPatに関するeラーニングに加えて、ガイドブック、説明会資料等がダウンロード可能となっており、説明会資料では、次の1.~5.に関する説明が含まれている。

1. 新サービスのポイント
・全体、特実、意匠、商標のそれぞれについて、実際の画面に基づいて、機能や利用方法を紹介
2. 刷新により廃止された機能
・「番号索引紹介」は、番号照会サービスと統合
・「初心者向け検索画面」は廃止され、トップページに「簡易検索」ボックスを配置
3. サービス利用時の注意点
・検索の種類別の注意点(テキスト検索と分類検索)
・インプットデータに基づく注意点(タイムラグや検索対象)
4. 利用シーンに応じた活用方法
・先行技術調査(出願前に先行技術調査を行う場合等)
・審査手続き中の利用(拒絶理由通知対応等)
・他者の権利等の確認
5. J-PlatPat の今後の展望について
・日本国公報過去分や外国公報等の照会対象文献の拡充
・パテントファミリー情報を利用した海外庁審査書類情報照会サービスの提供(ワンポータルドシエとの連携)
・経過情報サービス等のタイムラグ短縮
・検索機能のさらなる充実化(共通特実検索システムとの連携、イメージマッチング技術を利用した画像検索支援サービスとの連携)

J-PlatPat のサービス開始時点ではIPDLからの大きな変更はない模様だが、サービス移行期間は設定されていないため、利用者は注意が必要である。

[出典]工業所有権情報・研修館「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の提供」

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。