ノルウェーで2015年1月1日、ロンドン・アグリーメントに対応する制度改正が施行された。この改正により、欧州特許が英語で付与された場合にはクレームのノルウェー語訳のみを提出すれば足りることとなった。この改正は、2015年1 月1 日以降に付与された欧州特許に適用される。欧州特許をノルウェーで権利化する際のノルウェー語への翻訳要件が緩和されたことで、翻訳コストの大幅な削減が期待できる。

また、今回の改正により、ノルウェー国内の特許出願(PCT出願のノルウェー国内段階を含む)についても英語での権利化手続きが可能となった。この国内特許出願において英語で手続きがなされた場合には、特許付与の前にクレームのノルウェー語訳を提出すれば足りることとなる。

【関連記事】
知財トピックス(欧州情報)[特許/EP] <解説>ロンドン・アグリーメントとは 2015-04-01

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。