日本の出願人がドイツにおいて特許を取得する場合、欧州特許条約(EPC)を利用して欧州特許庁(EPO)に出願する「EPCルート」か、ドイツ特許商標庁(DPMA)へ直接出願する「直接出願ルート」のいずれかを利用することになります。下表は2010~14年までの日本からの出願件数(PCT国内移行を含む)の推移を示しています。EPCルートは2013年から減少している一方で、直接出願ルートは増加を続けており、EPCルートの高い庁費用等が原因でルート選択の変更が発生している可能性が考えられます。

2010 2011 2012 2013 2014
日本→欧州 21,626 20,418
(-1,208)
22,490
(+2,072)
22,405
(-85)
22,018
(-387)
日本→ドイツ 3,006 3,013
(+7)
3,678
(+665)
4,440
(+762)
5,336
(+896)

【出典】
欧州特許庁「Annual reports and statistics
ドイツ特許商標庁「Jahresbericht

【関連記事】
知財トピックス(欧州情報)[特許/EP、ドイツ]欧州特許庁、2016年年次報告書を公表 ~登録件数は増加、日本からの欧州出願は減少が続く~ 2017-06-05

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。