(※続報は【関連記事】のリンク先参照)

近年の特許法101条に関する最高裁判決を受けて、米国特許商標庁(USPTO)は、2014年12月に「特許保護適格性に関する2014年暫定ガイダンス(2014 Interim Guidance on Patent Subject Matter Eligibility)」を公表し、審査を行ってきた。2015年7月30日、その暫定ガイダンスのアップデートとして「July 2015 Update on Subject Matter Eligibility」を公表した。10月28日を期限として、パブリックコメントの募集も開始されている。

今回のアップデートは、2014年暫定ガイダンスに対するパブリックコメントの結果を踏まえて、次のような構成となっている。

新規の事例は、抽象的アイデア(Abstract Idea)に関するもので保護適格性ありのクレームも含まれており、今後の実務の参考になるものと考えられる。

なお、ライフサイエンス関連(バイオ関連及び診断方法関連)の新規事例は後日に追加される模様である。

***追記(2016年5月6日、6月2日)***
USPTOは、2015年7月の「July 2015 Update on Subject Matter Eligibility」に続くアップデートとして、「May 2016 Subject Matter Eligibility Update」を公表した。ブログ「Director’s Forum」の2016年5月5日付け記事によれば、今回のアップデートは、次の事項を含むとされている。

【出典】
米国特許商標庁「2014 Interim Guidance on Subject Matter Eligibility
※注:「2014年暫定ガイダンス(2014 Interim Guidance on Patent Subject Matter Eligibility)」のページに追記する形で「July 2015 Update on Subject Matter Eligibility」及び「May 2016 Subject Matter Eligibility Update」が示されている。

【参考】
ジェトロ「米国発 特許ニュース:2016年4月12日 (仮訳更新)USPTOの特許適格性に関するガイダンス

【関連記事】
知財トピックス(米国情報)[特許] 米国特許商標庁、特許法101条(保護適格性)の審査に関する取り組みを相次いで実施 2015-04-01
知財トピックス(米国情報)[特許] 米国特許法101条を巡る状況(2016年5月) 2016-06-08
知財トピックス(米国情報)[特許] CAFC、特許適格性(101条)を認める判決を相次いで下す 2016-07-05

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。