韓国特許庁は、2015年7月29日施行の特許法施行規則において、審査中の特許出願に係る製品等に特許出願番号等の特許関連の情報を示す場合には、「審査中」と表示することを義務化した。

韓国における特許出願番号と登録番号とは、番号の桁数が違うものの、見た目は似ている。そのため、例えば、特許出願はされているものの、特許登録前の製品の包装に「特許第10-○○○○-○○○○○○○号」と表示すると、このような表示を見た消費者は、当該製品はすでに特許登録されたものであると誤認混同してしまい、不利益を被るおそれがある。そこで、「審査中」の表示を義務化することにより、消費者の誤認混同が生じにくくなることが期待されている。

【出典】韓国特許庁「KIPO Revises the Patent Act to Benefit Both Consumers and Applicants

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。