欧州特許庁(EPO)は、オフィシャル・ジャーナル2015年9月号にて審査ガイドライン(Guidelines for Examination;審査便覧、審査基準)の改訂(November 2015 edition)を発表した。施行日は2015年11月1日。

審査ガイドラインの改訂は昨年2014年11月以来1年ぶりとなるが、発表によれば、見直しを毎年実施する方針に沿ったものとされており、今回はPart A~Hの8つすべてが対象となっている。EPOのウェブサイトでは、HTML形式で審査ガイドラインが提供されており、改訂の対象となっているセクションのリストに加えて、変更箇所を確認できる機能も提供されている。

改訂内容には次の事項が含まれている。

・  2015年3月1日施行のモロッコとの認証協定への対応
・  規則71(3)の改正による「通知の再発行を受ける権利の放棄」への対応
・  拡大審判部及び他の審判部による審決を考慮した改訂
・  コンピュータ関連発明及びビジネス方法の論点への対処について、EPOにおける実務の明確化
・  口頭審理の延期請求に関する明確化
・  ユーザーからのコメント及び提案の反映

上記のうち、拡大審判部及び他の審判部による審決を考慮した改訂の一例としては、F-IV 4.12のプロダクト・バイ・プロセス・クレームに関するセクションにおいて、2015年3月に拡大審判部の審決があった「ブロッコリ事件II(G2/12)」及び「トマト事件II(G2/13)」が追加されたことが挙げられる。これら2つの審決は、プロダクト・バイ・プロセス・クレームにおいて記載されている方法の特徴が欧州特許条約(EPC)の53条(b)により特許の対象から除外されている「本質的に生物学的な方法」であっても、それによって特許性の判断は影響されないと判示したもので、従前からのEPOにおける実務と同様に、いわゆる「物同一説」に沿ったものであるともいえよう。

また、コンピュータ関連発明及びビジネス方法に関する改訂では、G-VII 5.4及び5.4.1の文言が大幅に書き換えられているが、EPC56条の進歩性の判断において「技術的課題に対する非自明な技術的解決策(non-obvious technical solution to a technical problem)」を要求している等の点で従前からの大きな変更はないと考えられる。

なお、改訂審査ガイドラインとあわせて、PCT出願に関するガイドライン「Guidelines for Search and Examination at the EPO as PCT Authority」の改訂も発表されている。このガイドラインは、2015年10月1日に日本特許庁が公表した「PCT国際調査及び予備審査ハンドブック」に相当するものとなっている。

【出典】
欧州特許庁「Official Journal: September 2015」、「Guidelines for Examination in the European Patent Office

【関連記事】
知財トピックス(欧州情報)[特許/EP]欧州特許庁、審査ガイドラインを改訂~新規事項の判断基準に関する文言を明確化~ 2014-11-20
知財トピックス(欧州情報)[特許/EP、モロッコ]モロッコ、欧州特許を国内特許として認証可能に

***プロダクト・バイ・プロセス・クレーム関連***
季刊創英ヴォイス vol. 74「視点 プロダクト・バイ・プロセスクレーム最高裁判決の影響についての考察」 2015-08-01
法務トピックス「プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する最高裁判決」の解説 2015-06-16
知財トピックス(日本情報)プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する審査・審判の取扱い ~「プラバスタチンナトリウム事件」に対する最高裁判決を受けて~(※審査基準、審査ハンドブック及び審判便覧の改訂等に関する追記あり) 2015-09-10
知財トピックス(米国情報)[特許] <コラム>米国におけるプロダクト・バイ・プロセス・ クレームの取扱い 2016-02-08
知財トピックス(東アジア情報)[特許/中国] 
<コラム>中国の特許出願審査におけるプロダクト・バイ・プロセス・クレームの取扱い 2015-11-06
知財トピックス(東アジア情報)[特許/韓国] 韓国におけるプロダクト・バイ・プロセス・クレームの解釈変更 2015-08-04

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。