2015年9月3日、米国特許商標庁(USPTO)のブログ「Director’s Forum」において、Lee長官は新たな「Patents Petitions Timeline」のリリースを発表した。

この「Patents Petitions Timeline」では、審査前から特許発行後までに提出される各種の請願書(Petition)の審査期間(Avg. Days Pending of Decided Petitions)と許可率(Grant Rate Percentage)が、表形式で取りまとめられている。また、手続の要件、庁費用、関連規則等へのリンクも表の項目ごとに提供されており、ユーザーフレンドリーなデザインになっている。提供データは多岐にわたるが、例えば、下表に示す請願書が含まれている(数値は、いずれも2015年8月1日時点)。

請願書の類型 審査期間(日数) 許可率(%)
535 – 故意でない遅延による優先権/継続の主張の回復の許可
(規則 1.78及び1.55)
119 65
502 – 放棄された出願の復活-故意でない遅延によるもの
(規則 1.137(a))
113 85
609 – 最終とされた限定要求の再考
(規則 1.144, MPEP 818.03(c))
91 47
551 – 特許発行後における特許期間調整値の訂正
(規則 1.705(b))
347 42

【出典】米国特許商標庁「Director’s Forum “New Patents Petitions Timeline”

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。