2015年1月にシンガポール知的財産局(Intellectual Property Office of Singapore;IPOS)とカンボジア工業手工芸省(Ministry of Industry & Handicraft;MIH)との間で、IPOSに出願された特許についてカンボジアで認証する制度等の協力関係についての覚書が交わされていた。その協力関係の詳細が2015年10月9日付けにてIPOSのウェブサイトで公表され、今後は、従前どおりのカンボジア特許出願に加えて、下記の2つのオプションによっても、カンボジア特許の取得が可能となった。

■シンガポール特許をMIHで再登録 ~あらかじめカンボジアへ特許出願をすることは不要~
シンガポールの特許権者は、所有する特許権の存続期間中であればいつでも、カンボジアに特許の再登録申請を提出することができる。この制度では、シンガポールで有効な全ての特許が対象となる点が特徴的である。

なお、再登録に係る庁費用はUS$210である。

■IPOS発行の調査及び審査報告書等をMIHに提出 ~あらかじめカンボジアへ特許出願をすることが必要~
カンボジアに関連特許出願を有するシンガポールの特許出願人は、(i)IPOSにより発行された最終の調査及び審査報告書および(ii)シンガポール特許出願の最終的な明細書のコピーをMIHに送付するようにIPOSに請求し、当該カンボジア出願の許可を求めることができる。

このオプションは、実質的には、カンボジアの登録官からの求めに応じて出願人が関連出願の審査結果等を提出する従前通りの場合や、既存のASEAN特許審査協力(ASPEC)プログラムを利用する場合と実質的には同様の制度であると見受けられるが、例えば、あらかじめシンガポール及びカンボジアの双方に出願をすることが決まっているような場合に、この制度の利用を一考する価値があると言えるだろう。

なお、世界知的所有権機関(WIPO)提供の統計によれば、カンボジアへの特許出願は2013年で75件と非常に少ないところ、本施策が今後の出願件数に及ぼす影響が注目される。

【出典】
シンガポール知的財産局「Patent Cooperation with Cambodia

【関連記事】
知財トピックス(日本情報・米国情報・その他各国情報)特許審査に関する外国特許庁との連携についての最近の動き ~「ベトナムとの特許審査ハイウェイ」、「日米協働調査の要件変更」、「カンボジアとの特許の付与円滑化に関する協力」等~ 2016-10-05
知財トピックス(欧州情報)[特許/EP、カンボジア]欧州特許をカンボジア国内特許として認証可能に ~2017年7月1日より運用開始予定~ 2017-03-07

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。