欧州特許をモルドバの国内特許として認証する協定の発効が、2015年11月1日に欧州特許庁(EPO)より発表された。これにより、同日以降の出願(PCT国際出願を含む)に基づいて成立した欧州特許については、モルドバでの権利化が可能となる。

モルドバは、ルーマニアおよびウクライナと国境を接する東ヨーロッパの内陸国で、2012年にユーラシア特許条約から脱退し、その後欧州特許の認証に関する交渉を続けていた。

今回の協定発効により、1つの欧州特許に基づいて権利の発効が可能な国数は42(EPC締約国:38、拡張国:2、認証国:2)となった。欧州特許の認証については、2014年7月にチュニジアとの間でも合意されており、追って発効するものと考えられる。

【出典】
欧州特許庁「Validation agreement with the Republic of Moldova enters into force」、「European patents to cover Moldova

【関連記事】
知財トピックス(欧州情報)[特許/EP、モロッコ]  モロッコ、欧州特許を国内特許として認証可能に 2015-02-20
知財トピックス(欧州情報)[特許/EP、カンボジア]欧州特許をカンボジア国内特許として認証可能に ~2017年7月1日より運用開始予定~ 2017-03-07

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。