2015年12月23日にEU商標指令(Directive(EU)2015/2436; EU Trade Mark Directive)が、翌24日にはEU 商標規則(Regulation(EU)2015/2424; EU Trade Mark Regulation)がEU官報に掲載された。これにより、欧州における商標制度改革が順次施行されることとなり、実務面に様々な影響を与えることが予測されている。

1.EU商標指令(EU Trade Mark Directive)
EU加盟国の商標制度を統制するEU商標指令は、条文数が従前の指令(Directive 2008/95/EC)の19から57となり、下記の事項が含まれている。なお、発効は官報掲載日から20日後だが、2019年1月15日からの適用等が定められている規定もある。

  • 無効宣言の申請日以前の使用により識別性を得ていた商標は無効を宣言されない(Article 4(4)第2文)
  • クラスヘディングに関するIP Translator 事件における欧州連合司法裁判所(CJEU)の判決(2012年6月)を受けて、商標出願人は指定商品及び指定役務の明確性及び精緻性を確保するように求められる(Article 39)
  • 商標権の取消又は無効のための行政手続の導入(Articles 43, 45) ※未導入国には発効から7年以内の創設を義務付け

2.EU商標規則(EU Trade Mark Regulation)
規則の名称が共同体商標規則からEU商標規則に変更され、種々の改正がEU加盟国に直接適用される。施行日は2016年3月23日。共同体商標に関連する改正には下記が含まれる。

【出典】
欧州共同体商標意匠庁「EU trade mark reform legislative package published」、「EU trade mark regulation
欧州共同体商標意匠庁「Communication of the President of OHIM: renewal fees」、「Reimbursements to users: renewal fees
EUR-Lex「Directive (EU) 2015/2436」、「Regulation (EU) 2015/2424

***追記(2016年2月23日)***
~EU商標規則28条(8)の施行について~
2016年2月16日、欧州共同体商標意匠庁(OHIM)は、2012年6月22日より前に出願された欧州商標であって、ニース分類のクラスヘディング(entire heading of a Nice class)を記載して登録されたものについては、施行日から6か月間の移行期間内で出願時に求めていた保護範囲の宣言が認められるとの対応を発表した。

【出典】
欧州共同体商標意匠庁「Communication of the President of OHIM on the implementation of Article 28(8) EUTMR

【関連記事】
知財トピックス(欧州情報)[商標/EU]欧州共同体商標規則の改正 ~クラスへディングによる指定商品・役務の取扱い等について~ 2016-04-07
知財トピックス(欧州情報)[商標/EU]改正EU商標規則、第2フェーズは2017年10月1日に施行 ~視覚的表示要件削除への対応、識別力の予備的主張等に関する改正実施規則等も施行へ~ 2017-09-06

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。