既報のとおり、平成27年改正法により、特許料及び特許出願料は10%程度、商標設定登録料は25%程度、商標更新登録料は20%程度引き下げられる。2016年1月19日の閣議決定により、この平成27年改正法の施行日が2016年4月1日に定められた。

引き下げ後の新料金は、原則として、改正法施行日(2016年4月1日)以降の納付に適用される。ただし、施行日と納付期限との関係で、引き下げ前の現行料金(以下、「旧料金」とする)が適用される場合がある。下図は、特許料、商標設定登録料、商標更新登録料について、納付期限と納付時期に応じて、新料金又は旧料金のいずれが適用されるかを示したものである。

なお、今回の改定により、日本特許庁を受理官庁とするPCT出願の国際調査及び予備審査関連の手数料は、日本語と外国語とで区別される。日本語出願については現行の手数料で据え置かれるが、外国語出願については引き上げられる。

japan201601

【出典】
経済産業省「平成27年改正特許法等の施行のための政令が閣議決定されました
特許庁「平成27年特許法等改正に伴う料金改定(平成28年4月1日施行)のお知らせ
特許庁「国際出願関係手数料(2016年4月1日以降)

【関連記事】
知財トピックス(日本情報)特許関連料金及び商標関連料金、改定へ ~特許料は10%程度、商標の設定登録料は25%程度、更新登録料は20%程度引き下げ~ 2015-06-03

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。