2016年2月26日、欧州統一特許裁判所は、「裁判費用及び回収可能なコストに関する規則(Rules on Court fees and recoverable costs)」が準備委員会において合意に達したことを発表し、あわせて現状での提案及び注記を公表した。

今回公表された規則で最も注目できる点は、オプト・アウト(opt-out;適用除外)に関する費用項目(従前の案では80ユーロ)が削除されたことである。

これにより、経過措置期間中(運用開始後7年間の予定)において従来型欧州特許(単一効特許は対象外)の裁判管轄を統一特許裁判所ではなく各国裁判所とするためのオプト・アウトの申請(Application for opt-out)及びその撤回(Application for withdrawal of opt-out)のいずれについても、裁判所に対する費用は無料となる見込みである。

【出典】
Unified Patent Court「UPC Court Fees and Recoverable Costs

【参考】
田名部 拓也「欧州単一特許制度の行方」(特技懇 275号 2014.11.14)

【関連記事】
知財トピックス(欧州情報)欧州単一効特許及び統一特許裁判所の進捗状況(2015年3月)~(1)欧州単一効特許の維持年金案の公表、(2)統一特許裁判所協定の批准状況~ 2015-06-03
知財トピックス(欧州情報)欧州単一効特許及び統一特許裁判所の進捗状況(2015年5月) ~(1)スペインによる単一特許関連規則無効の訴え棄却、(2)イタリアの方針転換、(3)欧州統一特許裁判所の料金案公表~ 2015-07-06
知財トピックス(欧州情報)欧州単一効特許及び統一特許裁判所の進捗状況(2015年9~10月) ~(1)欧州単一効特許にイタリアが正式に参加、(2)欧州統一特許裁判所、協定発効に向けた進展が相次ぐ~ 2015-12-07
知財トピックス(欧州情報)欧州単一特許及び統一特許裁判所の進捗状況 (2015年12月~2016年4月) ~(1)欧州特許庁は準備完了のコメント、(2)協定発効に必要な批准国数達成も近づく~ 2016-05-10

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。