2016年6月2日、香港特別行政区立法会(Legislative Council)で、特許条例の改正案「Patents (Amendment) Bill 2015」が通過した。

香港の特許制度には標準特許と短期特許の2種類があり、特許庁に相当する香港知的財産権局では、現在、いずれについても実体審査は行われていない。このうち標準特許の場合、指定特許庁(中国、英国又は欧州(イギリスの指定有))への出願に基づいて、所定の時期に記録請求(指定特許庁による出願の公開日から6か月以内)及び登録請求(指定特許庁による特許の登録日又は記録請求の公開日から6か月以内のいずれか遅い方)をすることで特許が付与される制度となっている。今回通過した改正案は、指定特許庁への特許出願が無い場合であっても、実体審査を経た標準特許の取得を可能とするものとなっており、2017年後半又は2018年前半の施行が見込まれている。

【出典】
欧州特許庁「(Asian patent informationHong Kong: Revised patent system under way

【参考】
日本特許庁・新興国等知財情報データバンク「香港における特許制度の概要

***追記(2016年10月3日)***
新興国等知財情報データバンクの運営主体変更に伴うURL変更にあわせて、参考資料のリンク先を変更

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。