米国特許商標庁(USPTO)は、2016年10月3日付けの官報(Federal Register)にて特許関係の料金改定案を公表した。

今回の料金改定案は、2015年11月に実施された公聴会での案から一部変更されており、IDSに関する費用改定案に含まれていた「Certification(証明書;陳述書)の廃止」は取り下げられ、代わりに、IDSの提出時期等に応じて必要となる庁費用の値上げが提案されている。その一方で、出願から登録までの総額、及び、当事者系レビュー(IPR)に関する値上げ幅は、以前の案から変更されていない。なお、意見募集は2016年12月2日まで実施されたが、現時点で改定の施行時期は未定である。

主な費用に関する改定案は下表のとおり。

<出願から登録まで>
201611-02

<IDS>
201611-03

<当事者系レビュー(IPR)>
201611-04

【出典】
米国特許商標庁「Director’s Forum: USPTO Proposes Patent and PTAB Fee Adjustments

【関連記事】
知財トピックス(米国情報)[全般] 米国特許商標庁、特許、意匠及び商標の料金改定案について公聴会を実施 ~特許・当事者系レビューは値上げ、IDSは制度見直しも~ 2016-01-06

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。