※審決に関する情報は、追記(2017年12月20日)及び(2018年1月4日、1月5日)参照

欧州特許庁の拡大審判部は、クレームのディスクレーマー(いわゆる「除くクレーム」)に関する問題を審理することとなった。

本件(G1/16)で付託された質問は、ディスクレーマーが許容される基準に関する過去の拡大審判部審決であるG2/10(明細書に開示がある場合の基準)とG1/03(明細書に開示がない場合の基準)とが矛盾する可能性を契機としている。化学系の出願を中心にクレーム補正で用いられることがあるディスクレーマーだが、拡大審判部の判断によっては、その実務に影響を及ぼすことになる。

なお、本件への意見募集は、2017年3月1日まで実施される。

【出典】
欧州特許庁「Referrals pending before the Enlarged Board of Appeal
欧州特許庁「Notice from the European Patent Office dated 29 November 2016 concerning the staying of proceedings due to referral G 1/16」※本件の結果に依存する案件の審査・審理を停止することを含む通知
欧州特許庁「European Patent Register: EP1933395」※対象特許の経過情報

***追記(2017年9月13日)***
拡大審判部の2017年8月16日付け書簡では、10月16日及び17日に開催が予定されている口頭審理に向けて、論点等が整理されている。

***追記(2017年12月20日)***
現地時間の2017年12月18日付けで、EPOのウェブサイトにて拡大審判部の審決が公表された。同日付のCommunicationはこちら

***追記(2018年1月4日、1月5日)***
【参考】
ジェトロ・欧州知的財産ニュース欧州特許庁審判部、特許出願時に開示されていなかった主題をクレームから除くディスクレーマー補正の適法性に係る判断基準を示す拡大審判部審決を公表(2017年12月22日)」※G1/16の審決に関する記事

古田 敦浩「欧州特許における消極的限定を含むクレームの取扱いについて」(特技懇 252号 2009.1.30)※G1/03に関する解説を含む記事
欧州特許庁「Case Law of the Boards of Appeal (8th edition, July 2016) II, E. 1. Article 123(2) EPC – added subject-matter」※G2/10で定義されている”gold standard”の説明とG1/03をはじめとする関連審決の紹介を含むセクション(特に、II. E. 1.2.1 Gold standard: directly and unambiguously derivable及びII. E. 1.5 Disclaimers

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。