TC Heartland LLC v. Kraft Foods Group Brands LLC (Supreme Court 2016) No. 16-341

2017年5月22日、米国連邦最高裁判所は、特許侵害訴訟を提起する裁判地(venue)が争点となっていた注目事件に対する判決を下した。

判決において最高裁は28 U.S.C. (Judiciary and Judicial Procedure)の関連規定及び従前の裁判例に検討を加えた上で、28 U.S.C. §1400条(b)項の規定に従って、原告は、下記(1)又は(2)のいずれかに対応する裁判管轄区(judicial district)において特許侵害訴訟を提起できるとして、原判決を破棄し、差し戻した。

  • (1)被告の住所地(where the defendant resides)
  • (2)被告が侵害行為を行い、かつ、正規で確立された営業所/事業所を有する地(where the defendant has committed acts of infringement and has a regular and established place of business)

本判決の趣旨は、米国企業(U.S. domestic corporation)を被告とする特許侵害訴訟に関して上記(1)における“reside”の解釈を判断した点にある。そのため、原告に有利とされてきたテキサス州東部地区とは何らの縁のない米国企業が被告となる訴訟に大きな影響を与えるであろうと現地では評価されている。

2015年10月~2016年9月に提起された特許訴訟5,080件のうち、テキサス州東部地区への提起は1,963件で全体の40%弱を占めているが、本判決の影響により、今後は、多くの米国企業が住所地としているデラウェア州地区のほか、ハイテク関連企業が多いカリフォルニア州北部地区等での提起が増加することが見込まれる。また、テキサス州東部地区は、NPE(Non-Practicing Entity;不実施事業体)、特にいわゆるパテント・トロールが好む裁判地としても知られてきたが、その活動に変化が出る可能性がある。

なお、本判決は、米国企業が被告となる特許侵害訴訟についての判断であるため、日本企業については米国現地法人が被告となる場合への影響は米国企業と同様であると考えられる。その一方で、本判決は日本にある本社が直接訴えられる場合についての判断を示していないことから、日本企業に及ぼす影響の全体像は現時点では定かではない。また、米国現地法人が被告となる場合についても、上記(2)の要件を満たす限りは、引き続き、テキサス州東部地区において訴訟を提起される可能性があることから、当面は、上記(2)の要件の解釈も含めて、今後の推移を見守る必要があると考えられる。

【参考】
米国連邦裁判所「Judicial Business 2016

【関連記事】
知財トピックス(米国情報)[特許・著作権・商標]2017年も知財関連の米国最高裁判決が相次ぐ ~特許権の消尽、特許訴訟提起の裁判地等についても判断へ~ (※判決に関する追記あり) 2017-05-08

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。