米国連邦最高裁は本会期(October Term 2016)において、知財関連では2017年6月末までに特許訴訟提起の裁判地(TC Heartland事件)、特許権の消尽(Lexmark事件)、米国商標法の誹謗に関する規定(disparagement provision)の合憲性(Tam事件)等について判決を下した。さらに、5~6月にかけて、米国連邦最高裁は、当事者系レビュー(IPR; inter partes review)に関する下記を争点とする2件について審理することを決定した。

Oil States Energy Services v. Greene’s Energy Group (No.16-712)
現存する特許の有効性を分析するために米国特許商標庁(USPTO)によって用いられる対審手続き(adversarial process)である当事者系レビューは、陪審不在であり憲法3条裁判機関ではない延※(non-Article III forum without a jury)によって私的財産権(private property rights)を無効にする点で憲法に違反するか否か。
(※注:本件ではUSPTOの特許審判部(PTAB)のことで、PTABは行政上又は手続上に関する問題についての管轄を有する憲法1条裁判機関(Article I tribunals)に該当する。連邦地方裁判所等の憲法3条裁判機関(Article III tribunals)と異なり、憲法1条裁判機関においては当事者は陪審裁判を受ける憲法上の権利が認められていない。)

SAS Institute v. Matal (No.16-969)
米国特許法(35 U.S.C.)318条(a)項は、当事者系レビューの申立があった全てのクレームを対象として最終書面決定(final written decision)を下すことを求めているか否か。

両事件とも、遅くとも、次会期(October Term 2017)の2018年6月末までには判決が下されることが予想される。

なお、下級審である連邦巡回控訴裁判所(CAFC)では、当事者系レビュー審理中の補正を争点とするIn re Aqua Products事件が大法廷で審理されており、あわせて判決が注目されている。

【出典】
米国連邦最高裁判所「Docket Search
米国連邦巡回控訴裁判所「OPINIONS & ORDERS

【関連記事】
知財トピックス(米国情報)[特許・著作権・商標]2017年も知財関連の米国最高裁判決が相次ぐ ~特許権の消尽、特許訴訟提起の裁判地等についても判断へ~ (※判決に関する追記あり) 2017-05-08
知財トピックス(米国情報)[特許]米国連邦最高裁、特許侵害訴訟の裁判地を制限 ~パテント・トロールの活動にも影響か?~ 2017-07-05

***追記(2017年8月8日)***
本文を一部変更。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。