日米欧中韓の商標五庁(TM5)により検討された「共通ステータス表示」に従って、日本のJ-PlatPatでは、2016年3月より商標の検索結果において「審査中」、「登録」といった各出願の法的状態が表示されるようになり、現在は下表のようなアイコン(マーク)も表示されています。

この「共通ステータス表示」に関するプロジェクトは、米国特許商標庁の主導で行われており、合計で15の定義とアイコンが用意されています。

J-PlatPatのヘルプメニューでは、ステータスの概要説明において「最新の案件の状態につきましては、表示情報のみで判断せず、「閲覧」を行うなどの確認を必ず行ってください。」との注意喚起を行っていますが、言語に関係なく視覚的に確認できるアイコンとあわせて示されていることから、利便性向上に資する参考情報になっています。

出典(2)によれば、日本特許庁(JPO)のほか、米国特許商標庁(USPTO)、欧州連合知的財産庁(EUIPO)、中国国家工商行政管理総局商標局(SAIC)は導入済みで、韓国知的財産庁(KIPO;韓国特許庁)も2017年末までの導入を予定しているとのことです。

<ステータスの例(J-PlatPatでの国内案件の場合)>

出願-審査待ち  係属 / 存続-出願-審査待ち 出願-拒絶  終了 / 消滅-出願-拒絶 / 却下 /又は無効
出願-審査中  係属 / 存続-出願-審査中 登録-取消+無効 終了 / 消滅-登録-取消 / 無効
登録-継続  係属 / 存続-登録-継続 登録-権利満了 終了 / 消滅-登録-権利満了

【出典】
(1)J-PlatPat商標出願・登録情報のヘルプ一覧ステータスの概要」※「国内案件で表示されるステータス」の13種及び「マドプロ案件で表示されるステータス」の11種がリストで示されている
(2)米国特許商標庁「Director′s Forum: A Blog from USPTO′s Leadership “Update on Global Trademark Harmonization”

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。