中国最高人民法院は「中国法院知識産権司法保護状況(2016)」を2017年4月27日に公表した。中国では知的財産権に関する民事案件第一審の件数は引き続き増加しており、2016年の新受件数については、中国は日本の271倍にまで達した。

全体の件数の推移は表1に示す通りで、2016年は対前年同期比で新受が24.5%増、既済が30.1%増となった。

<表1:日中における知的財産権関連の訴訟件数(全体)>
20170822-China1

法域別については表2に示す通りで、公表データの比較が可能な2015年について日中の新受件数を比較すると、商標で226倍、特許・実用新案・意匠のいわゆる司法ルートで67倍と中国の件数が極めて多いことがわかる。

 <表2:日中における知的財産権関連の訴訟件数(法域別)>
20170822-China2※日本の件数は出典(3)のデータを基に算出

なお、2016年における渉外知的財産民事第一審案件(外国企業が当事者である民事案件第一審の件数)は既済(結審)分が対前年同期比25.6%増の1,667件(構成比1.3%)で、増加幅は大きかったものの2014年の1,716件は下回った。

【出典】
(1)中国・最高人民法院「中国法院知识产权司法保护状况(2016年)
(2)ジェトロ「知的財産に関する情報 中国政府発表資料:2016年中国の法院における知的財産権司法保護に関する状況(日本語仮訳中国語原文)」
(3)日本・知的財産高等裁判所「知財高裁の資料 > 統計」、「知財高裁パンフレット(2017.3)」

【関連記事】知財トピックス(東アジア情報)[全般/中国] 知的財産権関係の民事案件第一審の件数は増加も、外国関係の結審は減少 ~中国法院知識産権司法保護状況(2015)~ 2016-08-05

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。