タイがマドリッド協定議定書(マドプロ)の加入書を世界知的所有権機関(WIPO)に2017年8月7日に寄託し、11月7日に発効する。これに続いて、インドネシアが10月2日に寄託し、2018年1月2日に発効する。両国の加盟により、マドプロの加盟国数は100に達した。

東南アジア諸国連合(ASEAN)の10か国は、従前よりマドプロへの加盟を目指しているが、シンガポール、ベトナム、フィリピン、カンボジア、ラオス、ブルネイに次いで、タイは7か国目、インドネシアは8か国目となる。

残る2か国のうちマレーシアはマドプロ加盟に向けた商標法改正の準備を進めていると伝えられており、2018年までの発効が見込まれている。

また、ミャンマーでは2017年9月末時点で商標法が施行されていないが、法案が2017年夏に公表され、現地では2017年末から2018年初頭の施行を予想する見方が出ている。

【出典】
世界知的所有権機関「タイ マドリッド制度への加盟
世界知的所有権機関「加盟国数が100を達成:インドネシアがマドリッド制度に加盟」※日本語記事に差し替え(2017-10-13)
世界知的所有権機関「Assemblies of the Member States of WIPO Fifty-Sixth Series of Meetings (October 3 to October 11, 2016): A/56/M03 Malaysia

【参考】
Managing Intellectual Property「Myanmar prepares for new IP laws」※全文の閲覧には会員登録が必要

【関連記事】
知財トピックス(その他各国情報)[全般/ミャンマー]ミャンマーにおける知的財産制度整備の現状 ~特許法、意匠法及び商標法の各法案の概要~ 2016-04-07
知財トピックス(その他各国情報)[商標・特許/インドネシア]改正インドネシア商標法、2016年11月25日に施行 ~商標及び特許の料金改定は11月10日先行施行~ 2017-01-06

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。