2017年6月にMichelle K. Lee氏が辞任したことにより空席となっていた米国特許商標庁(USPTO)長官に関して、ホワイトハウスは、2017年8月25日付けのプレスリリースにて、Andrei Iancu氏を候補者とする意向を発表した。Iancu氏は知的財産権関連の業務に従事する弁護士で、現在は法律事務所に所属するとともに、UCLAで教鞭を取っている。なお、今後、Iancu氏の正式就任までには、上院での公聴会及び承認手続きを経る必要がある。

なお、下記の通り、前任のLee氏はオバマ前大統領の指名から就任までに異例の約5か月を要したが、前々任のKappos氏は同じくオバマ前大統領の指名から就任までの期間は2か月程であった。

・Lee氏の場合
指名:2014/10/16→上院公聴会:2014/12/10及び2015/1/21→上院承認:2015/3/9→就任:2015/3/13

・Kappos氏の場合
指名:2009/6/18→上院公聴会:2009/7/29→上院承認:2009/8/7→就任:2009/8/13

【出典】
The White House「President Donald J. Trump Announces Intent to Nominate Personnel to Key Administration Posts

【関連記事】
知財トピックス(米国情報)[特許・意匠・商標]Lee氏がUSPTO長官を辞任、Matal氏が業務を代行 2017-08-07

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。