東南アジア諸国連合(ASEAN)の10か国は、従前よりマドリッド協定議定書(マドプロ)への加盟を方針として掲げ、2017年11月末時点ではシンガポール、ベトナム、フィリピン、カンボジア、ラオス、ブルネイ、タイ(効力発生日順)において発効済となっている。

世界知的所有権機関(WIPO)から公表されている統計によれば、下表のように、ASEAN加盟国の中でも比較的早い時期にマドプロが発効していたシンガポール(2000年10月31日発効)、ベトナム(2006年7月11日発効)及びフィリピン(2012年7月25日発効)では、外国人による出願の40~50%がマドプロを利用した国際登録出願(マドプロ出願)であり、広く利用されていることが分かる。

<ASEAN加盟国における商標出願件数(2015年※1、2)>
20171115-1※1 カンボジア(マドプロ出願除く)及びブルネイは、2014年のデータ
※2 カンボジア(マドプロ出願)は、2015年のデータ

マレーシアでは必要な商標法改正の準備が進められており、2018年までの加盟を希望するとの意向が示されている。なお、タイでは2017年11月7日に発効したばかりで、インドネシアでは2018年1月2日に発効することとなっており、マドプロ未加盟のASEAN加盟国はマレーシアとミャンマーの残り2か国となる。

一方、商標法未制定のミャンマーでは法案が2017年夏に公表され、2018年初頭までの施行が予想されていたが、2017年11月末時点で施行日は発表されていない模様であり、商標法制定後に着手されるとみられるマドプロ加盟の時期に関する予想も見受けられない。また、公表された商標法法案が先願主義を原則とするという点では現地からの情報は共通しているものの、現在の登記法による保護を受けている商標の再登録に関する経過措置については情報の錯綜も見受けられる。仮に、商標の再登録に関する経過措置が提供されない場合、施行時に出願が殺到する可能性が懸念される。

【出典】
世界知的所有権機関「IP Statistics Data Center
世界知的所有権機関「Assemblies of the Member States of WIPO Fifty-Sixth Series of Meetings (October 3 to October 11, 2016) Statements: A/56/M03 Malaysia」※第6段落に2017~2018年のマドプロ加盟を希望するとの言及がある

【参考】
日本特許庁「マドリッド協定議定書加盟国一覧

【関連記事】
知財トピックス(その他各国情報)[商標/タイ]多区分制度の導入、連合商標制度の廃止等を含むタイ商標法改正、2016年7月28日施行 2016-08-05
知財トピックス(その他各国情報)[商標/ブルネイ、ASEAN]ブルネイがマドリッド協定議定書に加盟 ~ASEANでは、タイとインドネシアも加盟準備中~ 2016-12-05
知財トピックス(日本情報)商標登録出願の早期審査・早期審理の対象が拡大される ~マドプロ国際出願“予定”の基礎出願や権利化の緊急性がない場合も対象に~ 2017-04-06
知財トピックス(その他各国情報)[全般/ミャンマー]ミャンマーにおける知的財産制度整備の現状 ~特許法、意匠法及び商標法の各法案の概要~ 2017-04-07
知財トピックス(その他各国情報)[商標/タイ、インドネシア]タイ及びインドネシアがマドリッド協定議定書に加盟 ~ASEANで7番目、8番目の加盟国に~ 2017-10-05

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。