欧州特許庁(EPO)拡大審判部が部分優先に関する問題(いわゆる「毒入り優先権(Poisonous Priority; Toxic Priority)」及び「毒入り分割(Poisonous Divisional; Toxic Divisional)」)を判断した事件G1/15については、2016年11月29日に指令(Order)が示され、詳細な理由を含む審決(Decision)が2017年2月1日付けで公表された。このG1/15での審決は、2017年11月に施行された審査ガイドラインの改訂において、下記のように反映された。

審査ガイドラインF-VI, 1.5での追加事項(参考訳)>
1.5 複数優先権(Multiple priorities)
(前略 ※改訂前に同じ)
G1/15によれば、1若しくは複数の包括的な表現又はその他の表現(包括的な「or」クレーム)により選択的な主 題(subject-matter)を網羅するクレームのための部分優先権の資格は否定されてはならない。ただし、当該選択的な主題が、最初に、直接、若しくは少なくとも暗示的に、明白に、かつ、実施可能な態様で優先権書類において開示されていた場合に限る。この点において、他の実体的な条件又は制限は適用されない。(※下線部は筆者が追加)
(後略 ※改訂前に同じ)

また、同審査ガイドラインF-VI, 2.2の同一発明(The same invention)においては、部分優先に関する審決例の1つであったT 1877/08の説明が削除された。

なお、EPOの審決データベースにおいて、”Cases citing this case number”の項目をG 1/15で検索すると、2017年1月24日時点で下記9件の審決がヒットする。

  1. T 260/14(2017年4月13日審決)
  2. T 1564/13(2017年5月19日審決)
  3. T 557/13(2017年7月28日審決)※G 1/15の差戻審
  4. T 1516/12(2017年7月27日審決)
  5. T 88/14(2017年8月1日審決)
  6. T 1519/15(2017年8月3日審決)
  7. T 1775/14(2017年9月28日審決)
  8. T 282/12(2017年11月9日審決)
  9. G 1/16(2017年12月18日審決)※ディスクレーマー(除くクレーム)に関する拡大審判部審決

これらのうち、T260/14(2017年4月13日審決)及びT1519/15(2017年8月3日審決)では、審決の理由において上記の審査ガイドラインF-VI, 1.5からの引用と同一の内容が示されている。

このように、いわゆる「毒入り優先権」・「毒入り分割」に対する懸念は解消されたと言えるが、複数の優先権を主張する際には、クレームが部分優先権の利益を得ることができるか否かの検討に際して、審査ガイドラインF-VI, 1.5のただし書きにある要件(囲み内の下線部)には引き続き十分に留意する必要がある。

【出典】
欧州特許庁「Guidelines for Examination in the European Patent Office
欧州特許庁「Search in the Board of Appeal decisions database

【関連記事】
知財トピックス(欧州情報)[特許/EP]-速報-「毒入り優先権」・「毒入り分割」に関する問題は解消へ 2017-02-02
知財トピックス(欧州情報)[特許/EP]欧州特許庁拡大審判部、「ディスクレーマー(除くクレーム)」を審理へ(※審決に関する追記あり) 2017-02-06
知財トピックス(欧州情報)[特許/EP]欧州特許庁、2017年11月版の改訂審査ガイドラインを施行 ~「毒入り優先権/毒入り分割」の拡大審判部審決、「本質的に生物学的な方法」に関する規則改正等を反映~ 2017-11-20

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。