私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS
  • HOME »
  • TOPICS »
  • 知財・法務トピックス

知財・法務トピックス

ツイッターのリツイートと著作権侵害

ツイッターのリツイートと著作権侵害 東京地裁平成27年(ワ)第17928号発信者情報開示請求事件 平成28年9 …

商標登録出願の早期審査・早期審理の対象が拡大される ~マドプロ国際出願“予定”の基礎出願や権利化の緊急性がない場合も対象に~

特許庁は、「商標早期審査・早期審理ガイドライン」について、早期審査及び早期審理の対象案件を拡大する改訂を行い2 …

[意匠]米国意匠出願における優先権の回復

意匠ではパリ条約による優先権主張を行うことができる期間は、第一国出願から6月である(パリ条約4条C(1))。通 …

[特許/EP]欧州特許庁審判部、独立性及び効率性向上のために組織を刷新 ~オフィスは2017年夏に移転予定~

欧州特許庁(EPO)の審判部(Boards of Appeal)を欧州特許条約(EPC)の枠組み内で刷新するこ …

[特許・実用新案・意匠/中国]2年連続で中国における特許出願件数が100万件を超えるも、登録件数の伸びは低下

中国国家知識産権局(SIPO)の月次統計によれば、専利(日本における特許、実用新案及び意匠に相当)に関する20 …

[特許/インド、タイ]日本の特許審査官がインド及びタイの新規採用審査官を指導 ~インドでは審査早期化の兆しも~

別報でも取り上げた報告書(出典(1))によれば、出願から登録までの期間がブラジル及びアルゼンチンと同程度の国と …

1 2 3 112 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2017創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.