私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS
  • HOME »
  • TOPICS »
  • 知財・法律トピックス

知財・法律トピックス

訂正審判請求・訂正請求をする場合のライセンシー(通常実施権者)の承諾について

1 はじめに 特許権について、訂正審判請求(特許法第126条)を行ったり、無効審判係属中に無効理由を解消させる …

[特許・意匠/米国]米国特許商標庁、2018年1月16日施行の料金改定を発表

2017年11月14日、米国特許商標庁(USPTO)は、特許及び意匠の料金改定に関する最終規則を発表した。施行 …

[商標/ASEAN]アセアン加盟国における商標制度の近況 ~マドプロの加盟状況・利用状況を中心に~

東南アジア諸国連合(ASEAN)の10か国は、従前よりマドリッド協定議定書(マドプロ)への加盟を方針として掲げ …

[意匠]<コラム>Data Visualization Center ~アメリカの意匠出願に関する統計データの紹介~

米国特許商標庁(USPTO)のウェブサイト内に、「Data Visualization Center」というペ …

[特許/韓国]<コラム>2017年3月1日施行の改正韓国特許法による審査請求期間の短縮と「審査猶予申請制度」の活用について

2017年3月1日施行の改正韓国特許法により、「特許出願日から5年」であった審査請求期間が「特許出願日(国際特 …

日本における知的財産権訴訟の現状 ~特許権侵害訴訟(2014~2016年)の判決・和解は、認容16%、給付条項ありの和解27%~

既報の特許異議申立て及び特許無効審判に続き、本稿では特許以外の法域にも広げつつ知的財産権訴訟の現状を取り上げる …

1 2 3 119 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2018 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.