私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS

知財トピックス(日本情報)

<コラム>特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書 ~平成28年度分は「職務発明制度」、「ネットワーク関連発明の侵害行為」等の報告書が公表済み~

産業財産権制度の国際的調和及び適切な権利保護を図る上での必要事項について調査研究を行うことを目的として、特許庁 …

2017年4月1日より意匠審査基準改訂 ~国際調和を念頭に置いた願書等の記載要件変更、新規性喪失例外規定適用に係る運用の明確化等~

2017年4月1日より意匠審査基準が改訂され、同日以降に審査される案件に適用される。ここでは改訂の内容について …

商標登録出願の早期審査・早期審理の対象が拡大される ~マドプロ国際出願“予定”の基礎出願や権利化の緊急性がない場合も対象に~

特許庁は、「商標早期審査・早期審理ガイドライン」について、早期審査及び早期審理の対象案件を拡大する改訂を行い2 …

TPP協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律が公布される ~特許法、商標法及び著作権法の主要改正事項について施行の見通しは立たず~

環太平洋パートナーシップ協定(TPP協定)について、同協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律が、2016年 …

1 2 3 36 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2017創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.