私たち創英は、弁理士が主体となる特許事務所の側面と、弁護士が主体となる 法律事務所の側面を併せ持ち、両者が協力してトップレベルの知的財産、企業法務サービスを提供します
TOPICS

知財トピックス(日本情報)

日本における知的財産権訴訟の現状 ~特許権侵害訴訟(2014~2016年)の判決・和解は、認容16%、給付条項ありの和解27%~

既報の特許異議申立て及び特許無効審判に続き、本稿では特許以外の法域にも広げつつ知的財産権訴訟の現状を取り上げる …

日本の特許無効審判制度の現状 ~2016年は請求件数が大幅減も、無効率は7ポイント上昇の25%に~

既報の「特許行政年次報告書2017年版」では、「特許異議の申立ての状況」のように特定テーマのコラムのほかにも、 …

意匠の早期審査の概要

近年、特許の分野で利用件数が増加している早期審査だが、意匠においても同様の制度がある。今回は、特許における早期 …

<コラム>「産業競争力とデザインを考える研究会」について

2017年7月より、特許庁は経済産業省と合同で「産業競争力とデザインを考える研究会」を開催しています。この研究 …

1 2 3 37 »
PAGETOP
Copyright © 2004 - 2018 創英国際特許法律事務所 All Rights Reserved.